ダブルカラー並!ハイ透明感カラー開始

アプリエカラー開始

 

日本人ではどうしても出せないハイカラーの原因は

髪の赤み。

今までダブルカラーで出していたハイカラーを

アプリエなら

きれいに、

ダメージを抑えて。


ダブルカラーって?

ブリーチした後にカラーリング。

それがダブルカラーです。

簡単に言えば「脱色をしてから色を付ける」ということ。

日本人の髪は赤みがあるため、

ハイトーンのカラーをするには今まで

髪の色素をリセット(ブリーチ)してからでなければできません。

 

ただし、色がはっきりときれいに出てくるという最大のメリットと対照的に

大きなデメリットがあります。

それは

①色持ちが悪い

②ダメージが強い

一度ブリーチをしていますので早ければ2週間程度で色が落ち始めてしまいます。

また、髪の傷みが激しい場合には一度の施術でダブルカラーをすることはできません。

まずはブリーチをしてから日数をおいてカラーをします。

アプリエはダブルカラー並

カラーは通常2剤。

市販のホームカラーも1剤と2剤があります。

 

1剤に入っているアルカリ剤がキューティクルを開くことで髪の内部に入り込んで色を付けます。

 

アプリエは実は3剤。

この3剤はパウダーになっており業界初の新アイテム。

発色力と脱色力を上げる効果があるため結果として発色力UP!

 

これまでは、

赤みを帯びた髪に、寒色系の濃いカラーをのせて寒色系の暗い仕上がりが主流でしたが、

 

全く違ったハイトーンのカラーがダブルカラーなしでできるようになりました!



ヘアカラーをすると

これまでは日本人独特の赤みを帯びた髪にアッシュヘアカラーをすることで

どうしても赤みが残った仕上がりになっていました。

髪の色には濁り、重さが出てしまうのは日本人の髪質として仕方のないこと。

 

それを解決するのは髪へのダメージは強いもののダブルカラーという選択でした。

KANAN hairで始めたアプリエカラー。

業界初の3剤で、赤みを帯びたメラニンを分解するため高い色合いの発色が可能に!

ダメージを抑えながらハイ透明感の発色。

通常カラーに+1000円となっております。

春のカラーにぜひお試しください。