動物実験のない世界へ

KANAN hair が使用しているシャンプー、トリートメントなどの製品は

一つ一つ原材料を確認し、メーカー担当者やバイヤーと直接話し合いをしながら決めています。

さらに、月に一度の勉強会を開き、使っている製品について詳しく学んでいます。

 

触り心地、香り、効果。それだけなら市販のものを使用している美容師ではない方でもわかること。

安心で安全で、

そして、どのような髪にどのような効果を与えらるのかを熟知しているのが美容師。

そして

何を聞かれても答えられる、それがKANAN hairの責任と考えています。

 


バイヤーやメーカーに確認し、そして直接本社にも問い合わせて必ず確認していることがあります。

 

「動物実験をしていないこと」

 

KANAN hairでは動物実験をしていない製品だけを使っています。

特にアジュバンはKANAN hair が、その成分に信頼を置いているだけではなく企業理念も深く共感し使用しています。


医療や日用品、工業用品などさまざまな場所で動物実験が行われています。

イメージされるのはネズミやモルモットかもしれませんが、

それだけではなくチンパンジーなどの霊長類から、犬、猫、ウサギなどさまざまな動物が実験に使われています。

 

KANAN hairで扱っているのはコスメ、つまり化粧品です。

コスメの分野では特にウサギが動物実験として使われており、シャンプーの原液をウサギの目に直接たらし、

その危険度を確認するという方法もとられています。

 

多くの場合、化学物質の危険度を調べるための動物実験。

そもそもKANAN hairでは化学物質を含まない有機栽培のオーガニック製品を使用しています。

動物実験をしている製品を使わない、これはKANAN hairの意志です。

 

とはいえ、日本でも大手メーカーが続々と「動物実験をしない宣言」をしています。

ノエビア、ポーラ、コーセー、花王グループ、メナード、資生堂、ロート製薬などなど。

できるんです、

動物実験をしないで、人間の皮膚細胞を使うなどの代替法はあるんです。

 

 


こちら、我が家のウサギと亀。

 

5年目のウサギのかぶちゃんと、

8年目のロシアアリクガメの亀太郎さん。

 

あらたに最近、

KANAN hairの店の中に迷い込んできたハムスターが

仲間入り。

 

足元を駆け回り、

子供たちのおままごとに参加して、

相手にされなければビーズの入った箱をひっくり返し、

寝っ転がれば心配して駆け寄って顔に鼻をこすりつけ、

姿を見つければ走り寄ってくる。

ヤベ!って顔もするし、

ねえねえって顔もする。

かぶちゃん、KANAN hairはかぶちゃんの仲間を実験に使う製品は使いません。